トップページ > 念願のマイホームを決めて、いざ住

誰でも借りれる住宅ローンある?審査が甘い銀行【どこで借りる】

誰でも借りれる住宅ローンってあるのでしょうか?審査が簡単で誰でも借りれる住宅ローンについて調査しました。
フレーム上

念願のマイホームを決めて、いざ住

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

理由として考えられるのは以下のような方です。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

申し込みはお近くの銀行や信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

大切な点はどのような職業、勤続年数は何年、年収はいくらか?が主に参考にされます。

加えて、関係ないと思われがちな金銭トラブルも大事な審査の対象になりまので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをした方が後々自分のためになります。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金が無くても購入出来る!という広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

大抵の場合、ある一定期間で申込みをするのが普通ですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

決まった月に振り込まれる賞与などを返済に充てる場合には、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

今後引かれるお金や必要になってくる経費も合わせて検討し、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

申し込みは銀行や信用金庫で行っています。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

という期待はできません。

通過しなかったケースも多々あります。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

この保険の詳しい内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して誰でも借りれる住宅ローンの申し込みが出来ます。

自分の家が欲しいと考えたとき金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども申し込みは可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申し込めば通過するという事でもないので注意してください。

住宅購入を検討されている方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは誰でも借りれる住宅ローンです。

誰でも借りれる住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

誰でも借りれる住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。

ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。

諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。

住宅購入を考えても自分の家になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

多くの方が申し込み〜3.4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。

家を購入する際、資金調達で誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込む場合は職場や自宅近くにある銀行でも良いですしネットバンキングでも良いでしょう。

または、不動産屋から紹介される金融機関にする方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申請後は審査があり、支払が始まった場合10年間、控除を受けることができます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくてローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、全て計算してから考えてみるべきなのです。

具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、意外なところで費用がかかる場合もあります。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 誰でも借りれる住宅ローンある?審査が甘い銀行【どこで借りる】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ