フェイバーとは?

投資における「フェイバー」とは、現在持っているポジションを仮に現在のレートで手放した時に、利益が出る状態をよびます。

外為市場では、外貨を持っている時に円安が進んでいる状態なら、その時にポジションを手放せば利益につながる事も多いですよね。

その場合には、そのポジションはフェイバーな状態と言えるでしょう。

「フェイバー」は、手持ちのポジションが良い状態なのか、それとも良くない状態なのかを表すためにもちいられる言葉です。

フェイバーな状態だからと言って必ずポジションを手放さなければいけないというわけではありません。

そのため、フェイバーな状態が続いていても、そのままポジションを保持していることでよりフェイバーな状態になる事もあれば、価格が変動してフェイバーではない状態、つまりアゲインストな状態になってしまう事もあります。

投資を始めたばかりの初心者は、あまり大きな利益を期待してフェイバーな状態を長く続けても、実際に大きな利益に直結する事は難しい事もあるようです。

そのため、小さな利益を積み上げていくような投資スタイルを身につける習慣をつけた方が、長期的には大きな利益につながる可能性は高いのかもしれませんね。

常にポジションがフェイバーかアゲインストかを計算し、フェイバーな状態ならポジションを手放して利益を確定する事も投資の心構えと言えるでしょう。

ちなみにフェイバーはFXだけではなく、株取引や先物取引など価格が上下する事で利益が出たり損失が出たりするような投資商品に対して使われています。

<