グルコサミンの効果って?

グルコサミンは別名「アミノ糖」とも呼ばれ、ブドウ糖を原料にしてつくられている健康成分の一つです。

グルコサミンは、軟骨の成分であるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、コラーゲンの原料になることで有名です。

そのため関節痛に悩む方の中には、軟骨の健康を維持するためにグルコサミンを摂ろうという方が多いようです。

様々な研究によって、グルコサミンが軟骨成分の原料となるのはもちろん、軟骨の代謝を調節して軟骨修復を促したり、痛みがある部位で起こっている炎症を鎮める働きがあることなどが確認されています。

グルコサミンと相性が良い成分としては、MSM(メチルスルフォニルメタン)がよく知られています。

MSMにも炎症や痛みを和らげる効果があるため、グルコサミンと一緒に摂ることでより大きな効能が期待できます。

グルコサミン含有のサプリメントは、一般的にエビ・カニの殻に含まれているキチンという物質を原料にして製造されています。

そのため、エビ・カニに対してアレルギーがある方は利用を控えなくてはなりません。

ただし、植物を利用した発酵由来のグルコサミンであれば問題なく摂取することができますから、不安であればそちらを利用しましょう。

厚生労働省の調査によると、関節痛を訴える方が中高年層で急増する傾向にあります。

関節にある軟骨は、年齢を重ねるとともにすり減っていくため、関節痛は年齢を重ねるにつれて発症率が高くなります。

予防が困難といわれる関節痛ですが、グルコサミンを効果的に補うことで、症状の予防・改善に大きな期待が持てます。