思春期ニキビって何?

思春期ニキビとは、子供が大人になる際にホルモン分泌や皮脂分泌が過剰になるために起きるニキビの種類です。

以前はティーンエイジャーになると思春期ニキビの心配をしていたものですが、最近では食生活や生活習慣のために9歳~10歳ぐらいですでに思春期ニキビが表われている子供も少なくないようです。

子供が大人へと成長する段階においては、男性ホルモンと女性ホルモンが大量に分泌されます。

それぞれのホルモンバランスが崩れることで思春期ニキビの原因である「皮脂分泌が過剰になって毛穴が詰まってしまう」現象が起きてしまうのです。

子供の成長期におけるホルモンバランスを整えることは自分自身ではなかなか難しいため、思春期ニキビがあまりにもひどい場合には、皮膚科などを受診してホルモンバランスを整える薬を処方してもらうなどの治療方法があるようです。

しかし、ニキビを減らすためとはいえ、成長期にホルモンをコントロールすることには抵抗がある方もいるかもしれませんよね。

そんな場合には、ニキビの原因にもなるアクネ菌を殺菌する事でニキビを減らすことができるスキンケア用品などもラインナップされているので、まずはスキンケアを試してみるのも良いかもしれませんね。

最近の子供はホルモンバランスの崩れによる思春期ニキビ以外にも、受験勉強や人間関係などのストレスから大人ニキビのようなタイプのニキビに悩まされる事も多いようです。

子供のうちからストレス解消の方法を学んでおく事もニキビと上手に付き合っていくための賢い方法と言えるでしょう。