不眠に悩む人が、手軽に取り入れられる方法として、ホットミルクを寝る前に飲むというものがあります。昔から言われていることですが、実は科学的根拠もきちんとあります。牛乳にはカルシウムが多く含まれており、これは精神を落ち着ける役割を持っています。また、たんぱく質にはトリプトファンというアミノ酸が含まれているのですが、これは体内でセロトニンを経て、メラトニンというホルモンに変化します。

このメラトニンが増加することで睡眠へと体は向かっていくのです。それなら冷たい牛乳でもよいように感じますが、温めた牛乳の方が休もうとしている胃腸に余計な負担をかけませんので、体に優しいです。温めすぎてしまっても負担になるので、ぬるいくらいがちょうどいいです。また、甘い味が欲しいときには、蜂蜜を少し入れてみると、甘い味に癒されるだけでなく、メラトニンが体に吸収されやすくなります。

関連ページ